【JLPT Can-do自己評価リストで、自分の日本語力をチェックする。】

篠研の日本語能力試験N1対策文法

プロフィール

image1.jpg

篠崎大司と申します。

大学では留学生に対する日本語教育、また日本語教師養成も行っています。

自宅のパソコンから私のN1対策授業が受けられます

日本語能力試験N1合格のためのeラーニング教材
篠研の『上級日本語』文法・聴解



文法問題約1000題。聴解問題も約1000題。動画解説各26本。

ネットでどんどん問題を解いた後、ビデオで私篠崎がしっかり解説します。
もちろん、新試験完全対応。付属テキストもついています。

受講料は6か月で1コース5,250円、2コース同時受講8,400円。
(1か月の価格ではなく6か月の価格です。しかも、テキスト代込みです。)


>>>くわしくは、こちら
(ただし、申し込みは日本国内の方に限ります。)

【JLPT Can-do自己評価リストで、自分の日本語力をチェックする。】

メルマガ「篠研の日本語能力試験N1対策文法」より。
http://archive.mag2.com/0000257576/index.html
----------------------------------------------------------------------

日本語能力試験のホームページに行くと、
「日本語能力試験Can-do自己評価リスト」
というものが公開されています。


日本語能力試験Can-do自己評価リスト
http://jlpt.jp/about/candolist.html

具体的なリストは、こちらです。
http://jlpt.jp/about/pdf/cdslist_all_r.pdf


このリストは、日本語能力試験の各レベルの合格者が、
日本語でどんなことができると考えているかを、
受験者の自己評価調査の結果に基づいてまとめたものです。
              (上記ホームページより。)

ですので、試験の出題内容ではありません。

ですが、「N1レベルだと普段の生活でどれくらいのことが
できるのか。」について大体のイメージをつかむことができます。


このリストの特徴は、「聞く」「読む」「書く」「話す」の4つの
分野にわたっているということ。

そして、例えば「聞く」であれば、

「仕事や専門に関する問い合わせを聞いて、内容が理解できる。」

のように、具体的に「〜できる」という形式で記述されていることです。

このリストを見れば、自分の日本語力がそれぞれの分野で
今どれくらいの位置にあるかが、よくわかります。

また、これから具体的にどのような能力を高めれば
N1合格に到達できるかという、今後の課題もはっきりしますね。

このCan-do自己評価リストで、自分の日本語を一度客観的に
チェックしてみてはいかがでしょうか。

      ……「〜できる」という記述のしかたがいいですね。

検索


最近の記事

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。