【ネットの勉強だけでN1合格の日本語力はつくか。】

篠研の日本語能力試験N1対策文法

プロフィール

image1.jpg

篠崎大司と申します。

大学では留学生に対する日本語教育、また日本語教師養成も行っています。

自宅のパソコンから私のN1対策授業が受けられます

日本語能力試験N1合格のためのeラーニング教材
篠研の『上級日本語』文法・聴解



文法問題約1000題。聴解問題も約1000題。動画解説各26本。

ネットでどんどん問題を解いた後、ビデオで私篠崎がしっかり解説します。
もちろん、新試験完全対応。付属テキストもついています。

受講料は6か月で1コース5,250円、2コース同時受講8,400円。
(1か月の価格ではなく6か月の価格です。しかも、テキスト代込みです。)


>>>くわしくは、こちら
(ただし、申し込みは日本国内の方に限ります。)

【ネットの勉強だけでN1合格の日本語力はつくか。】

メルマガ「篠研の日本語能力試験N1対策文法」より。
http://archive.mag2.com/0000257576/index.html
----------------------------------------------------------------------

本メルマガの読者の方の中には、
ネットを使って日本語の勉強をしている
という人がいると思います。
(というか、このメルマガがそうですね^^)


例えば、ちょっとした時間にスマホのアプリなどで
勉強するのは、とても便利だし、時間の有効活用ですよね。

私もネットを使った勉強を否定するつもりは全くありません。

むしろ、そういう手段も活用しながら学習時間を増やすことが、
特に語学の場合、とても重要なカギになると思います。


ただし、ここでちょっと注意すべきことがあります。

それは、いくら便利で楽だからといっても、ネットでの学習に
終始してはいけない、ということです。


ここにおもしろい実験結果があります。

学習者のグループをAとBの2つ用意し、

Aのグループはネットだけの学習を、

Bのグループは、ネットの学習だけでなく、
テキストやノートに書く作業も入れた学習を
してもらいました。


何週間か勉強してもらった後に、両方のグループに
同じテストをして学習効果の測定を行いました。

その結果、AグループよりもBグループのほうが
いい成績を取りました。

つまり、ネットの学習と、テキストやノートに
書く作業を入れた学習の両方をやったほうが、
学習効果が高いということです。


おそらく、ネットでの学習は知識の吸収や確認には
有効かもしれませんが、

書く作業を入れた学習のほうが知識の定着率が高いから
だろうと思います。

眼だけでなく、手を使うなど、五感をフル活用する
ということが大事なんですね。


ちなみに、私は高校生の頃、自分の部屋を歩きながら
声に出して読むことで英短文を500覚えました。

おかげで英語の成績がうなぎ上りによくなりました^^


私が提供しているN1合格のためのeラーニング教材
篠研の『上級日本語』文法・聴解も、

ネットで問題を解くだけでなく、書く作業を入れるために
付属のテキストが用意されています。


日本語能力試験N1合格のためのeラーニング教材
篠研の『上級日本語』文法・聴解
http://www.sinoken-nihongo.com/


今度こそ、N1に合格しませんか。


             ……今なら7月に間に合います。

検索


最近の記事

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。