【どうしてN1に合格できないのか。】

篠研の日本語能力試験N1対策文法

プロフィール

image1.jpg

篠崎大司と申します。

大学では留学生に対する日本語教育、また日本語教師養成も行っています。

自宅のパソコンから私のN1対策授業が受けられます

日本語能力試験N1合格のためのeラーニング教材
篠研の『上級日本語』文法・聴解



文法問題約1000題。聴解問題も約1000題。動画解説各26本。

ネットでどんどん問題を解いた後、ビデオで私篠崎がしっかり解説します。
もちろん、新試験完全対応。付属テキストもついています。

受講料は6か月で1コース5,250円、2コース同時受講8,400円。
(1か月の価格ではなく6か月の価格です。しかも、テキスト代込みです。)


>>>くわしくは、こちら
(ただし、申し込みは日本国内の方に限ります。)

【どうしてN1に合格できないのか。】

メルマガ「篠研の日本語能力試験N1対策文法」より。
http://archive.mag2.com/0000257576/index.html
----------------------------------------------------------------------

本メルマガの読者の方の中には、

「去年の12月の試験は失敗した。
 今年の7月の試験では、絶対合格したい。」

という方がいらっしゃるかもしれませんね。

そう思って、今まで以上に一生懸命勉強する
ということは、とても大事です。


ですが、ちょっと待ってください。

その前に、前回合格できなかった原因を
一度考えてみましたか。

もし考えていないということだと、
同じ失敗を繰り返す可能性がとても大きいです。

なぜなら、そもそも人間というものは
同じ行動パターンをくりかえす傾向があるからです。


行動が同じであれば、結果も同じ。


だからこそ、失敗の原因をはっきりし、
失敗に導く行動パターンを取らないように
気をつけなければなりません。


そこで、N1合格に失敗する原因を考えてみると
だいたい次の2つです。

1.良質の教材を使っていない。
2.継続的に一定の学習をする習慣が身についていない。


1で失敗する人は、例えば値段で教材を選んでいる
人です。

たとえ安い教材を選んでも、それで合格できなかったら
意味がありません。

多少高くても、充分な問題量と詳しい解説があるものを
選ぶというのが、教材選びのポイントです。


また、2で失敗する人は、勉強のじゃまをするものを
身の回りにたくさん持ってしまっている人です。

例えば、勉強机のすぐ近くにテレビがあって、すぐに
見てしまうとか、

いつも教科書の横にたばこを置いてあって、ちょっと
勉強すると、すぐにタバコを吸って休憩してしまうとか。


そういう人は、勉強のじゃまをするもの(=阻害要因)
をできるだけ身の回りから離すよう工夫する必要があります。


例えば、テレビの置き場所を変えるだけで、テレビを見る
時間が短くなり、その分、勉強に気が向きます。


もし、
「1も2も心配だ。どうやったらいいか自信がない。」
という方は、

私の教材を毎日30分必ずすると決めて実行するといいでしょう。


日本語能力試験N1合格のためのeラーニング教材
篠研の『上級日本語』文法・聴解
http://www.sinoken-nihongo.com/


ちゃんとやれば、必ず合格できます。


               ……今年こそ合格しましょう。

検索


最近の記事

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。